早めの予約が肝心!ANAを格安で利用するには

綺麗に並ぶ本

ANAも早めの予約で格安の航空券へしていこう

日本の空の旅をリードしてきたと言えば、ANAでしょう。お世話になってきた人も数えきれないほどいるでしょう。これからも格安航空会社よりも利用したいと思っている人もまだまだ多いはずです。
格安航空会社が台頭しても、人気は根強いです。その人気とは別で、誰もが気になる予約について見ていきましょう。

格安航空会社みたいになるの?


格安航空会社と聞くと、もう航路によっては何千円ものの安い値段で旅行できます。国内を旅行するのに格安の航空券がもはやもう欠かすことはできません。
では、anaの場合にはどうなるのでしょうか。
きちんと早割があります。いち早く割引もしていて、いかに安く皆さんの手元へ届けるかも、きちんと意識しているのです。その種類もいくつもあります。

  • 旅割75(出発日から75日前)
  • 旅割55(55日前)
  • 旅割45(45日前)
  • 旅割28(28日前)
  • 旅割21(21日前)
  • 特割3(3日前)
  • 特割1(前日)

こうしてみるときちんと種類も豊富です。
ただし、3週間前からはほぼ、種類がないところが、格安航空会社と比べると少し弱いところといえます。
それと比べると格安航空会社の方が、直前でも安くすることでできて、利用しやすいとも言えそうです。
しかし、格安航空会社の場合には、キャンセルとできず、都合が悪くなればさらに他の便へ変更するのもお金もかかってしまいます。それに比べると、変更できたり、キャンセルしても返ってくるのですから、もしもの可能性とからあればこちらの方がお得と言えます。

早割での予約の特徴とは

早割もたくさんの種類がありますが実は比較してみると、75日前から28日前までの運賃を比較すると大きな差は実はないのです。
とある航路でみると、75日前が11,590円ですが、28日前だと12,890円となっています。その差も1,300円ほどとそんなに差はありません。
とはいえ、まずは、早めにすることに越したことはありません。
しかし、早割のタイミングがどんどん過ぎたとしても、まずは28日前までに購入していく方が実はお得なのです。
というのも、今度は28日前を過ぎて、21日前となると19,190円となってしまいます。
一気に6,000円ほど上がります。なんか急に上がった感じがしませんか。
しかし、他の航路でもこうした価格設定となっており、急に変わることは多いです。ですので、予定を確定したときにはすぐに購入が基本なのです。
そして、28日前を過ぎないようにするのが格安の航空券となる秘訣と言えます。
とはいっても21日前でもかなり安くなるので得にはかわりません。
たとえば、運賃のかかりやすい羽田と沖縄間ですが、正規運賃だと46,000円となります。
ところが21日前だと、14,890円となります。
そして、3日前だと26,190円となります。
ぜひ、早い購入を心がけましょう。

往路変更と呼ばれる予約の方法とは

予約をするときに、行きは予定の日がとれでも帰りが思ったタイミングがとれないなんてことありませんか。取ろうとしたら帰りは、仕方なしに早い便にしてしまったなんてことありませんか。
実は往路は60日前、復路は75日前となると予約の解放日が変わります。
その為タイミングによったは、復路で満席となることも出てしまうのです。
たとえば6月20日から6月23日で取りたいとき、ひとまず75日前の4月6日に6月6日から6月23日の便を押さえておきます。そして、4月20日になったら、本来の6月20日に変更するというものです。
すでに予約は入っているので、初めから予約するよりもより確実にその日にしやすく、帰りもきちんとすでに取れているというわけです。

高いのはイメージだった!

ここにあげたように、実はANAでも格安航空会社並みにもなるのです。
ぜひ、早割で国内の格安の航空券をゲットして、満足できる空の旅をしてみませんか。

Copyright(C)2017 早めの予約が肝心!ANAを格安で利用するには All Rights Reserved.